« 【イベント】シンポジウム「検証!公設派遣村」 | Main | 【イベント】シンポジウム「貧困ビジネス被害を考える〜被害現場からの連続報告」 »

【イベント】 生きてるぞ!野宿者が撮った写真展 〜夜まわり三鷹の仲間たち〜

*** 写真展、ご案内 ****
生きてるぞ!
野宿者が撮った写真展
〜夜まわり三鷹の仲間たち〜

日時: 4月27日(火)〜5月2日(日)
     10:00〜20:00 ( 初日は13:00〜/最終日は〜16:00)
場所: 三鷹市美術ギャラリー (三鷹駅南口前コラル5F)

      http://mitaka.jpn.org/gallery/
料金: 無料(余裕がある方は、カンパをお願いします)


ようこそ、インスタントカメラの写真展へ
 この写真展には、500円27枚撮りのインスタントカメラの写真しかない。野宿や生活保護で暮らす仲間/支援の仲間。一人ひとりに1個だけカメラを渡 し、毎日の暮らしの中で撮ってくれた。にわかカメラマンたちは、写真屋で現像したサービスプリントの27枚を吟味し、1枚だけを選んで作品名をつけてくれ た。
 一所懸命、あるいはわくわく、あるいは困惑して撮った作品に出会えるはず。
 使い方を知らない人には「フィルムを巻いて、押すんだよ。暗い所ではここにストロボがあるから」と大雑把に説明したが、インスタントカメラなのでそれし か言いようがない。ピントや絞りなどの細かい調整は一切できず、技術・芸術なんて関係なし。
 野宿の仲間は、撮られるばかりだ。時に街の厄介者として無視・排除されたり暴力をふるわれたりして、それゆえに取材・映像の対象として観られたりする。 それに、カメラに類するものは持っていないし、安く現像できるパソコン・プリンターなんてものもない。だからこそ、写真展なのだ。
 活動資金を寄付でまかなう夜まわり三鷹にとって、カメラ・現像・ギャラリーの費用は大変な出費。1回しか使うあてのない額を買う余裕はなく、作者に自ら の額を手作りしてもらう予定だ。野宿の仲間が寒さをしのぐために使う段ボールにカラースプレーでデコレーションして。個性あふれる額も、お楽しみに。
 この写真展が、出会う場となるように。共に生きるために。

主催: 夜まわり三鷹
Phone  070-5451-7010(荒瀬)  090-1790-8518(登川)
e-mail  arasi@mva.biglobe.ne.jp
Web   http://www7a.biglobe.ne.jp/~yomawari-mitaka

**** 写真展ご案内、以上 ****

|

« 【イベント】シンポジウム「検証!公設派遣村」 | Main | 【イベント】シンポジウム「貧困ビジネス被害を考える〜被害現場からの連続報告」 »

「支援団体さんのらぶりぃイベント&活動」カテゴリの記事