« 大根役者たちによる寸劇 | Main | 真夏の路上法律相談会@隅田川のほとり »

生活保護却下に抗議か・秋田

こんなニュースが。


先日NHKで放映された、「ワーキングプア」といい、働ける人でも働けない人でも生きにくい社会の中で、いのちを守るための最後の砦のような制度でさえ、厳しい条件のもとでしか利用できない現状で、今後はさらにその予算が削減されていきます・・・。


秋田県は、標準的な世帯収入が東京の世帯の半分以下、過疎地では、農業を続けられず、集落を離れていく人が増え、いくつもの集落が無人になっているとのこと。


もっと気軽に利用できるような制度を作れないのですかあ。


以下、転載。
*************************

◎市役所駐車場で練炭自殺=「俺が犠牲に」−生活保護却下に抗議か・秋田
(時事通信社 - 07月25日 21:10)
 24日午後2時ごろ、秋田市山王の秋田市役所駐車場に止めた車の中で、男性が倒れているのを市職員が見つけた。秋田中央署が調べたところ、市内の無職男性(37)が車内で死亡しており、練炭を燃やしたしちりんが2個あった。死因は一酸化炭素中毒で、同署は自殺とみている。


 市健康福祉部によると、男性は睡眠障害で働けないとして、5、6月に計2回、生活保護を申請したが、市は就労可能などと判断し却下した。


 男性が相談に訪れていた市民団体「秋田生活と健康を守る会」によると、男性は23日夜、友人に「俺(おれ)みたいな人がいっぱいいる。俺が犠牲になって福祉をよくしたい」と話したという。遺書はなかったが、同会は申請却下に対する抗議の自殺だったとみている。 

[時事通信社]

|

« 大根役者たちによる寸劇 | Main | 真夏の路上法律相談会@隅田川のほとり »

「生活保護は「奪い取れ!!」関連」カテゴリの記事

Comments

「生活に困っても生活保護の制度を利用して、なんとか再出発できる」という希望をだいなしにして、その上それを受ける権利を政府や行政が剥奪しているようですよね。

先日、某番組で、北九州市はこの10年間生活保護の予算が変化していないという実態を見て、明らかに意図的に生活保護ニーズに対するサービスを削っていると思いました。そういう自治体をある意味「優秀」ととらえるスタンスを持つ人にもオドロキマシタ。

Posted by: 朧月夜 | Tuesday, 01 August 2006 at 11:58 AM

いま「自殺予防」なんて言われてますけど,現場で生活保護申請を追い返す状況を見ている身としては,むしろ政府とか行政とかが「生活保護を受けるぐらいだったら,自殺しなさい。その方がコストがかからないから助かる」と言っているような気がするぐらいです。
この事件があっても行政の態度は変わらないのではないかという悲観的な予想をしてしまいます・・・

Posted by: 孤独な旅人 | Thursday, 27 July 2006 at 10:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5852/11103924

Listed below are links to weblogs that reference 生活保護却下に抗議か・秋田 :

» いよいよ「もやいブログ」が始まりました! [Moyai Blog-特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター もやい]
これまでも「サロンにっき&もやい活動日記」で活動の報告やスタッフが日々感じていることを掲載してきましたが、これからはすべてブログに移行して、ますます中身の濃い情報発信をしていきたいと考えています。この夏で<もやい>が発足して5年、「こもれび荘」に移転して2年になります。5年の間に私たちが入居支援(アパート入居時の保証人提供)や生活相談、交流事業で関わった方も1000人を超えました。暮らしの基盤となる住居を確保するのに苦労している方、住まいを手に入れた後も「安心できる居場所」が見つ...... [Read More]

Tracked on Monday, 31 July 2006 at 03:04 AM

» 「ホームレス追悼集会」…路上の死からの問い [dr.stoneflyの戯れ言]
 8月14日、名古屋都市高速高架の下のゲートボール場で行われた「追悼集会」に行った。昼間は在宅のお年寄りがゲートボールを楽しむ都市の公園だが、その夜は家もなく路上で死んだホームレスの追悼が行われた。ながい間、支援/共闘運動の現場を離れていると忘れがちになるが、集会に参加すると「路上」で死んだ、いや社会に殺された「人間」が当たり前のように存在することをあらためて知る。日も暮れた会場には多くのホームレスが訪れ、仲間の死を追悼する。またそんなホームレスを支援し共闘する市民も多く訪れた。もちろん靖...... [Read More]

Tracked on Friday, 18 August 2006 at 09:58 AM

« 大根役者たちによる寸劇 | Main | 真夏の路上法律相談会@隅田川のほとり »