« オーバーステイの外国人女性逮捕 | Main | 桜 »

貸金業規制

本日の日本経済新聞法務面に日弁連「上限金利引き下げ実現本部」本部長代行として
宇都宮弁護士のコラムが掲載されていた。
宇都宮弁護士とは昨年末の新宿の路上相談会でお会いしました。

2月21日の日経金融新聞の1面や3月6日の朝日新聞の1面、3月8日の日経で採り上げられていたように、
金融庁では 貸金業の規制に乗り出す。

利息制限法と出資法の上限金利の差、いわゆる「グレーゾーン金利」の解消

返済能力を超えて融資する過剰貸し付けへの規制の強化だ。

ホームレス状態に陥っている人たちには、多重債務者も少なくなく
貸金業とホームレス問題は密接な関係にあるでしょう。

「貸金業に関する懇談会」では6月までに詳細を詰めて関連法案を改正し、来年初めにも制度を見なおす。(日経金融2/21)

指針改正案は近く公表し、一般の意見を募ったうえで、4月中に適用(朝日3/6)

強化される一方で、規制の枠外で不正に営業する闇金の誘惑も高まりそう。
こうした懸念に対しては、規制とは別に安全網を整備する必要がありますが
懇談会では多重債務者へのカウンセリング、自治体による借款制度のほか闇金の取り締まり強化なども話し合われるそうです。

(日経金融3月12日で報じられたように)
現状では、企業向けに比べ利ざやの厚い個人向けローンにノンバンクだけでなく大手銀行や地銀も将来の収益源として力を入れようとしている。
銀行消費者金融の他にノンバンクも加わり、業態垣根を超えた「乱戦」の激化にあって、利用者の男性が7割超を占める市場に、女性利用者を開拓しようという動きが視られる。
女性のホームレスも増えないように、早期の対策が望まれる。

後藤田政務官がインタビューで利息制限法を無くしてグレーゾーンを解消すると言っていたのをどこぞやで見ましたが。
いろいろ報じられ、様々な憶測が飛ぶ中、宇都宮弁護士には是非とも頑張って頂きたい。

貸金業と言えばライブドアファイナンス(旧ロイヤル信販)が
一連のライブドア事件でも名前に上がっていました。
金利引き下げは、金融地図を塗り替えるきっかけにもなりうるため投資家としても関心が高い。
そんなライブドアの一株主 けったましーん命でした。

|

« オーバーステイの外国人女性逮捕 | Main | 桜 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

こんにちわ。
このたび、当サイトで宇都宮弁護士のインタビュー記事を作成しました。
よろしければご覧ください。

http://www.jinzai-bank.net/edit/info.cfm/tm/032/

Posted by: 【人材バンクネット】編集部 山下 | Tuesday, 04 April 2006 06:27 pm

借金の利息と、預金の利息がこんなにアンバランスな国は、いわゆるお金の価値が比較的安定している国として他にあるのでしょうか。

増えないけど安全な箪笥貯金、壷貯金。そしてリスクと背中あわせの株式投資。投資でホームレスになった方も結構いらっしゃいます。賭け事もそうですが。

社会福祉協議会には、福祉的見地からかなり低利子で貸し付けてくれる基金のようなものもあるのですが、ほとんどが焦げ付きます。でも、焦げ付かないようにフォローできれば、問題は防げるのですが。

せめて、多重債務が原因でホームレス状態になる、ということがないようなシステム作りをして欲しいと思います。法テラスはそのため?

Posted by: 株主 | Wednesday, 29 March 2006 01:08 pm

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 貸金業規制:

» 【魂の仕事人】弁護士 宇都宮健児氏インタビューへのコメント [ちょっとひといきスタッフルーム:転職サイト【人材バンクネット】]
人気blogランキングへ 「魂の仕事人】弁護士 宇都宮健児氏インタビュー」にいた [Read More]

Tracked on Wednesday, 05 April 2006 10:43 am

« オーバーステイの外国人女性逮捕 | Main | 桜 »